名物や名勝を紹介する散歩番組

散歩番組は、公共の交通機関を使わず、旅人が歩いて移動した小規模な地域の名物や名勝などを紹介してくれます。 そのさきがけは、2006年からテレビ朝日系列で放送されている番組であり、初代は俳優の地井武男さんが旅人を務めた「ちい散歩」でした。

移動した地域で出会った一般の方に気軽に挨拶したり、話しかけたりしながら名物や名勝などを紹介するスタイルが大いに受け、視聴率を得難い中、高視聴率をマークしました。

また、テレビ画面に散歩の進行に合わせて地図が表示されました。 その地図には、地井さんが歩いたコースが赤線で表示されるとともに、店舗など各所ごとのイラストも記載されました。 さらに、散歩の終了時には、地井さんが歩いた歩数と消費カロリーも表示されました。

2012年5月で卒業した地井さんに代わり、「若大将のゆうゆう散歩」とタイトルを一新し、2代目として歌手の加山雄三さんが引き継ぎました。 散歩するスタイルはそのままでありながら、加山さんの人柄と人気がさらに高視聴率をもたらしました。

2015年9月から、「じゅん散歩」とタイトルを変更し、3代目としてタレント・俳優の高田純次さんが旅人を務め、現在に至ります。

「平成の無責任男」というニックネームがあり、独特の「チョイ悪親父」の雰囲気を持つ高田さんと、地域で出会った方々との会話がとても面白い番組です。

一般の方とふれあいながら名物や名勝などを紹介する散歩番組は、ほかの旅番組にはない楽しい雰囲気があります。 視聴者が、散歩しながらゆっくりとした時の流れを味わいたくなるような番組です。