もう戻れないよ、キラキラ新入社員時代

もうすぐ新年度ですね。早いもので、私の社会人3年目が終わろうとしております。月日が経つのは本当に早くて、4月からキラキラ眩しい新入社員とどう付き合っていくか、今から少し憂鬱な気分ですが、ちょっぴり楽しみな今日この頃です。夢と希望でいっぱいだったあの頃、その1ヶ月後には、辞めたいと思った私・・・。

入社して1ヶ月ほど経った時でした。私は金融機関の窓口で新卒で働き始め、まだ右も左も分からない状態のなか、毎日一生懸命、お客様とのコミュニケーションをとっていました。

少しずつ、お客様の顔と名前を覚え始め、仕事が楽しいと思い始めた頃、ある一人のお客様が来局しました。手続きの途中で、お客様ご自身の記入箇所に誤りがあったため、一度呼んで確認をしたところ、急にお客様の顔つきが変わり、『そんなのお前が直せー!』という怒声。

一瞬、自分の身に何が起きたのかさっぱり分からず、ポカンとしてしまった私。その顔にまた腹が立ったのか、その後に続く怒りの声。自分の人生において、こんなにも理不尽なことで怒られたことは、当時はまだなかったので、泣きながら『もう辞めたい。辞めてやる』と思いました。

・・・あれから3年、なんだかんだ周りの先輩や優しいお客様のおかげで、もうすぐ社会人4年目を迎えます。すっかりたくましくなってしまった私は、世にも奇妙で理不尽なクレームにも、微動だにせず。このよく分からないクレーマーたちは、どうやってこんな人間になってしまったのだろうかと、怒りの声を聞き流しながら考えるまでにもなりました。

夢と希望でいっぱいの、キラキラ眩しい私の新入社員時代は終わってしまいましたが、社会の理不尽さを受け入れつつ、これからも、ますますたくましく成長していくのだろうなあと、しみじみ感じるのでした。