ロストユニバースのヤシガニ回

『ロストユニバース』というアニメに伝説のヤシガニ回と呼ばれる話があるのですが、本当に面白いですよ。作画崩壊しまくっていますから。少し顔が乱れるとか、そんなヤワな話じゃありません。例えて言うなら、子どもの書いた紙芝居です。

まずオープニングからして衝撃的。絵が完成していません。前代未聞ですよね。仮に完成していないとしても、せめて止め絵ぐらいあるんでしょ。そう思いますよね。なんと「只今作業中」というテロップつきイラストが入ります。

それを描く時間があったなら、せめて止め絵のひとつでも描いたほうが良かったのでは。原作者は『スレイヤーズ』の神坂一さんです。小説なのですが、漫画版もありますよ。スレイヤーズがファンタジーなら、ロストユニバースはSFですね。

かなり期待されていた作品だからこそ、アニメの作画崩壊が話題になりました。ちゃんとリメイクして描き直しはされてあります。でもファンからは、元の崩れた絵が良いという声もあるんですよ。わたしは初見で大笑いしました。

いろいろ自分に限界を感じて落ち込んでいた時期だったんです。でもヤシガニ回を見て、ここまで作画崩壊していても放送できるんだから、わたしが落ちこんでいても仕方ないな、と思うようになりました。プロのミスって励まされるんですよね。