インパクトが大きい選手

先日広島市で行われていたフィギュアスケートNHK杯。通常、すべての試合が終わった後、上位成績者によるエキシビションが行われますがNHK杯は40回という節目の大会だったため過去のNHK杯で優勝した日本選手たちが出演する「レジェンド・オン・アイス」が特別に行われました。出演者は伊藤みどりさん、本田武史さん、荒川静香さん、川口悠子さん、鈴木明子さん、織田信成さん、そして今シーズン復帰した高橋大輔選手が出演されました。

大会中に何度かこの方たちの過去の試合映像が流れたのですが、やはり一番インパクトがあったのは伊藤みどりさんのジャンプです。男子並みのトリプルアクセルジャンプの映像が流れた時、思わず「高っ」と口から出るほどでした。一緒に見ていた娘も早速伊藤みどりさんの存在を覚えたようで映像で出るたびに「みどりさん、みどりさん」と言っていました。

伊藤みどりさんは現在49歳ですが、エキシビションの時にシングルアクセルジャンプを披露してくれました。大きなイーグルもダイナミックな滑りは今でも変わっていませんでした。常に前向きで明るくみどりさんがいるだけで花が咲いたような存在なので今後もテレビ出演やアイスショーに出演してもらいたいと思いました。