福島から引っ越してきた子供のいじめについて

この間の福島の大地震の原子炉のために横浜に転居してこなければならかった家族。

その子供が小学校5年生時代にバイキン呼ばわれていじめにあっていたとか。

そのうえゲームセンターで遊ぶ悪童たちの遊戯代等を払わされていたとか。

それが150万円だったとか。

それで両親が学校に相談しても、学校はいじめとは認めなかった。

これはもう教育の放棄でしょう。

被爆の賠償金が入ってくるのだろうと、150万円もつぎ込まされた子供の気持ちはいかばかりだったのでしょう。

これはもう立派な恐喝でしょう。

警察問題にもなることでしょう。

横浜市長はようやく注意事項を指示したとか。

遅きにしすぎた事例でしょう。

どうしても学校は不祥事に目をつぶるのでしょうか。

これは世間の常識にはなりえません。

即刻応分の対応をお願いしたいと思います。