アメリカ、ボストンの日本人社会

アメリカ在住だが、マサチューセッツ州のボストンに9月に旅行することになった。いろいろとサーチしているが、ボストンの日本食や日本人社会も気になる。アメリカ国内旅行なのに日本が気になるとはどういうことなのだろうか?笑 まず、ボストンだが18世紀のアメリカ独立の中心都市、日本では野球のボストン・レッドソックスやボストンマラソンで知られている。観光名所もアメリカ独立をテーマにしたものが多い。日本関係だと1、ボストン美術館 インターネットでは岡倉天心が日本庭園を作ったと書いてある。

その他、日本美術品の展示も豊富という、2、大学街 学生の街でハーバート大学などがあり日本人留学生も多いという。そのためか日本スーパーやラーメン屋などまであるようである。ボストンの日本人で調べるとやはり日本人会や日本協会など地元日本人同士の交流や親日アメリカ人の組織もあるようである。そしてボストン・レッドソックス、上原浩治が在籍しワールドシリーッズで優勝したが、今回は野球観戦もいれてある。野球場はフェンウェイパーク、100年以上の歴史のある古い球場、野球観戦は楽しみである。超楽しみなボストン旅行だが、やはり日本人社会が気になるのは日本人だからだろう。海外のどこでもかたまり日本人村を作るというが、ボストンの日本人社会や歴史遺産の探索は楽しみである。