鹿児島県南薩釣りめぐり

先日の休みに鹿児島県の南薩方面の漁港を車で巡りながら、エギング(イカ釣り)をしてきました。

まずエギなどは、今年の元旦に息子と二人でいつもいく釣具屋に行き、エギセットの福袋3,000円買っておりました。その中にエギングに必要なリーダー、スナップなどあり、なによりエギが店頭では1個700円はするであろうものが8本も入っており、総額6,000円以上の商品が3,000円で購入でき、大変お得でした。

ここまでお得にたくさん手に入れたエギはさっそく使ってみるべきです。一日かけてエギングツアーを敢行しました。

本当ならば最近釣りにはまりつつある息子も一緒に連れていきたかったのですが、あいにく平日の休暇だったので学校に行っており、私一人となりました。

朝7時ごろには経ち、南薩方面のイカ釣りスポットと言われる数々の漁港を巡りました。

しかし当日は寒風が吹き荒れ、少々白波もたっており、あまり午前中は釣り日和とは言えなせんでした。しかし昼前ごろから風もやみ、波も穏やかになりました。

いくつの漁港を巡り、何回キャスティングし、何回しゃくってイカを狙ったでしょう?釣果はゼロ。悲しかったです。

おそらく寒すぎたことも要因でしょうが、もっとイカ釣りについて勉強せねばならないと強く思いました。

当たり前のことが出来ないのは何故?

開けたら締め切る、は当たり前のことだと思います。
一連の反応のテンポだと思いますし、開けたら締め切るまでが反応の申込だと思っていました。

但し中にはそれが出来ないヒューマンがいる、と知りました。
盗み出しも玄関も開けたら開けっ放し。
閉じる、という反応が抜けてしまっていらっしゃる。
すると周りの人が閉めてくれるので、自分が開けっ放しとしておることに気付きません。

ショップにも取り出しを開けっ放しとしていらっしゃるヒューマンがいるのですが、多くの人が取り扱う周辺なので閉めてくれないととても困ります。
いつもは気付いたら締め切るようにはしていたのですが、これは本人がきちんと反応を約定させなければいけないことだし、ずっと誰かができるだろうと見まがうのはよくない、と思ったので気付いていながらパスを通していました。
だが一向に締め切る気配がないのです。
そのままパスを通していても邪魔なだけだったので、思い切って閉めてしまいました。
引きずり出しだけではなく、便所の玄関や窓も開けっ放しにするので、とてもスパムをしています。

それでも本人は全く気付いていないのです。
ですから余計に困ります。
きっと自宅でも開けたら開けっ放しなのでしょう。
今までそれで困ったことがないから、直らないのだと思います。

誰かがきちんと通知をするべきなのかな、と考えてしまいます。