豚まんが、豚まんを呼び寄せたお話

今日は、「豚まん」のお話です。

関西では「豚まん」と言うと551を連想する人も多いでしょう。

私も少なからず、その内の一人です。

今回、ご近所さんから頂いたのは「大阪なんば 二見の豚まん」。

551以外に豚まんがあることを初めて知りました。

私が、ただ知らなかっただけなんですね。

皆さんは、ご存知ですか?

興味深々の「二見の豚まん」。

お得意のインターネットリサーチをすると

ある有名な超大物芸人さんが、イチオシしているという情報がありました。

ほほぅ?と思った数秒の後、実食となりました。

実際に食べてみると、

生地にさほど甘みはなく

玉ねぎと肉が絡み合う絶妙なハーモニー。

ちなみに、551の豚まんは二見とは対照的で生地にほのかな甘みがあります。

生地に関しては好みの問題でしょう。

とは言え

551に負けず劣らずおいしく食べることができました。

ズバリ!!

「二見の豚まんも美味」です。

写真を撮り忘れたのですが

見た目には、551も二見もさほど変わりはありませんでした。

実は、豚まんを頂いた翌日。

あるミラクルが、起きました。

それは、551の豚まんを頂いたということ。

2日連続で豚まんをいただけるという、このミラクル。

まさに、豚まんが、豚まんを呼び寄せたのです。

そういう訳で冷蔵庫のなかは、たった2日で豚まんだらけになりました。