フリークショーを夢見た私

 いつの頃からか忘れたが、私の趣味は読書だ。

 小さい頃の私は、木に登ったり家の側にある海に出掛けることが好きで、夏などは真っ黒に日焼けして野外を走り回っていた。でも、小6くらいから、家でも学校でも休みには本を手に取ることが多くなっていた。きっかけは、『ダレン・シャン』だった。最初の一巻にとても引き込まれたのを、今でもよく覚えている。普通の高校生活を送っていた主人公ダレン・シャンの町に、フリークショーがやってきたのだ。本物の狼男や蛇人間、鉄を食べる女、巨大な毒蜘蛛を笛で操るバンパイア・・・そういった、普通の人間とは違う特徴を持った人々はフリークと呼ばれ、そんな彼らのショーは、町の警察や市井の人々の目を盗んで、真夜中に行われる。親友で不良のスティーブがそのチケットを手に入れてきて、ダレンはいフリークショーを目にする・・・・・。

『ダレン・シャン』自体はヴァンパイアの物語として知られているし、実際そうなのだが、私はフリークの面々にとても心惹かれ、彼らが大好きだった。まだ幼かった私は、空想を膨らませることが趣味みたいな子供だったから、そんなフリークショーを見に行くところを想像したものだった。

 ただ、実際のフリークショーというものは、足が3本あるだとか、体が繋がった双生児などといった奇形児を見世物にしていたらしく、そのことをあるときに社会の先生から教えられた私は、ふっと興ざめした。

エルドレッドが代打で登場!驚異の広島打線

本日の午後でNHKで広島、阪神戦のプロ野球中継がありました。結局は雨で流れてしまう試合でしたが、広島の強さ恐るべしの印象を受けました。昨日は13-3と阪神投手陣を粉砕。今日は阪神はエース能見ということで必勝態勢での登板だったと思います。

阪神は序盤に先制しますが、やはり驚異の広島打線、あっという間に同点勝ち越しを決め、再び阪神が同点に追いついてからが広島劇場でした。4回裏先頭打者がヒットで出塁、8番会澤がバントを試みますがうまくいかず、ヒッティングに変えてこれがヒット。

ノーアウト1.3塁で代打のエルドレッド。これはまさかでした。3割近く打ってホームランも20本近い男が代打なんです。ほかのチームだったら間違いなく4番でしょう。このバッターを代打で起用できる層の厚さ恐るべしです。ここは三振を喫してしみますが、粘りは見せていました。

そして1番の田中、早めに追い込みますが、ここから粘って結局は死球。2番菊地も早々に追い込まれますが、ファウルで粘って押し出し。3番丸は初球を軽々と犠牲フライといとも簡単に得点していました。ここで雨が強くなりノーゲームとなりましたが、まさに集中力を見せつける広島打線でした。

やはり上位打線が凄味があります。1番田中は粘りもありますし、長打もある。2番菊地はしぶといバッティングで、3番丸はワンショットで決める印象です。そして4番鈴木がダメを押してくる末恐ろしい打線です。今現在首位走っていますが、2位の阪神がこれだけなすすべがないと一気に独走する可能性大です。

う~~ん。いい天気!!洗濯物が乾くのでいいわ!

今日は、いい天気なので洗濯物が良く乾きそうでいいわ。

洗濯物干して、掃除機かけて布団も干したいんだけど、賃貸で干す所がないの。。。

さて、旦那様が帰ってくる前に料理の支度でもするかあ。。。

何がいいだろ?う~ん困るな。。。

昨日は、揚げ物だったからう~ん。帰ってきてからきいてからつくるかな?

そうだ、GEOで借りたのも録音しなくちゃ!!車にも!!

歳を重ねると時間が短いような感じがするわ!!

もう歳はいらないなあ。でも不老不死は嫌だけどね・・・・。

私の趣味は王子堂本光一様です。白馬に乗ってたら、めちゃくちゃにあうだろうな・・・。

王子堂本光一様ですの白馬に乗せてもらえたらとろけちゃいそうだよう・。

買い物先で見かけたクレーマー

先日、夫がひどいクレーマーを見たという話をし始めました。何でも、無料サービスのコーヒーの位置が悪いという話だったようで、それをレジで延々と訴え、会計ができない状況だったとか。こういうことが日常茶飯事になっているのかと思ってしまう程、私も似たような体験をしたばかりです。

ドラッグストアでレジに並んでいて、並んだ時は一台のレジしか稼働しておらず、そこへ何人もが並び始めたので、こちらへどうぞと誘導が始まったものの、私の前の方は小さいお子様連れで「子供がこっちに並びたいみたいなのでそちらへどうぞ」と声をかけられたので、もう一つのレジに並んだら、そこは誘導はしたものの苦情を言う女性が陣取っており一向にレジが進まず、誘導した店員が悪いという結果になってしまいました。

店長まで呼んで謝罪させているにもかかわらず、その店長と客がレジから離れないので幾らレジ店員が客を進めようとしても無意味で、せめてレジから離れてクレームを対処してくれないものかと思いました。ある意味、どんなに後ろ会計を待っている人がいようとも納得が得られるまで粘るお客さんも凄いと思わされます。

言い分が全うだとしても、その行為で迷惑をかけているということまでは頭が回らないのかとも思いますが、あの執拗さを目の当たりにすると、更なるクレーム目的にレジを離れないんじゃないかとすら思えてしまう程です。勿論、その時の店員や、店長の対応次第で、単なるレジ待ちなんて捌ける問題だけにモヤモヤ感やら悪い方向への妄想も広がってしまいます。

バレンタインに手作りチョコを渡す相手は何人いるの?

バレンタインに手作りのチョコレートを渡したいと言い出した娘(5歳)に、私は子供でも簡単に作れるようなレシピをインターネットで探しました。

市販の板チョコを湯煎で溶かし、そこへパン粉を混ぜてアルミのカップに入れて冷やして固めるという簡単なものが見つかったので、翌日、娘に話をして一緒に作ることにしました。

娘が幼稚園へ行っている間に材料を買いに行かなければならなかったので、何人くらいに渡すのか尋ねると、出るわ出るわで、結局8人にもなりました。名前を聞くと、確かに仲良くしているクラスのお友達だったり、習い事で一緒になるお友達、体操教室の先生、近所のおじいちゃんなどなど。

幼稚園から帰宅後、すぐにチョコレート作りに取り掛かった娘は、一生懸命チョコを溶かしたり混ぜたりいろいろと作業をしてく中で、何かを思い出したらしく、悲しそうな声でチョコが足りないと言いました。誰の分を忘れていたのか尋ねると、私とパパの分を忘れていたとのこと。私とパパの分はまた今度でいいから、作った分はちゃんとあげるんだよと言うと、いまいち納得できない様子でした。

当日、先生やお友達、おじいちゃんに渡して満足そうな娘に、微笑ましいなあと思っていると、ママの分もあるよといって、茶色の折り紙で作ったチョコとお手紙をくれました。私は食べられるチョコより、こっちの方をもらえて嬉しかったです。その日の夜、パパにも同じものをプレゼントしていました。手作りの折り紙チョコは、この子が大きくなるまで大切に取っておいてあげようと思いました。

来たぞ、今月も経理&管理意識更新の日★

今月もやって来たお給料日、つまり家計大移動日である経理の日!この日が来るともう今月もあと少しで終わりかあ、と思う傍らでよーし今月も家計管理がんばるぞと、意識がもうひとたび新しくなるときでもある♪

支払い関係整理での毎度の郵便局&銀行巡礼や、Excelを使ってパッパッと今月の出納帳をつけては、今月は先月のこの使い方がよろしくなかったから反省しようと思ったり、先月よりさらに上手に管理をするには?と家計管理作戦の見直しが何かと脳内で行われる笑。生活費を支払って出ていくお金がありながら、じわじわ、ちまちま、コツコツとでも段階的に確実にマイペースで増えつつある預貯金関係にも励まされる、お金の大移動日だ。

一般的に言われている毎月の5のつく日や20日、締め日の30日といった月末には、全国的に創造を超えるぐらいグワーーッと大きくお金が動いていると思うと、経済ってのはつくづく生きているなあと実感せざるを得ない。節約の時代と言われて久しいけど、かといってみんながお財布の紐をあまりにも固くシメすぎてお金を使わなさすぎるのも経済が回らなくなって生きたものにならないのでそれも困る。みんながほどよく買い物をしたり預貯金をしたり、引き出したり、また入金したりと、出たり入ったりすることでみんなが潤って生きていくための経済なのだから。

社会人として、また家庭のことを回していく女性として、お金との関わりや管理意識が強まってきたり何かと作戦を立てるのがうまくなってくるにしたがって、経済っておもしろいなあと感心も強まってくるものだ。生活水準を最低限満たす金額を踏まえた上で足りることやじゅうぶんやっていけることを知ると、たまにたとえば我が家の倍ぐらいの収入がある家庭で足りない足りない言っているお嫁さんなんかを見ると、ちょっと信じられない気持ちになってそこまでの収入があるにもかかわらずいったいどういう経済観念と家庭運営してるんだ?と疑問を覚える。逆に食材の買い方やお料理の一週間の作り方に至るまで、節約作戦が上手でぜひ見習いたいものだと思うような家庭だってある。

日曜でもATMはやっている郵便局。9月半ば以降ぐらいのさわやかで気持ちのいい気温の今日、半そででゲンキよくチャリで向かい、支払い関係をひとつまたひとつとクリアしてきた。日曜は郵便局のATMが空いているから助かる。今月は予備費を先月の2.5倍ぐらい確保しておいた。カテゴリーを細かく設定しての振り分け貯金の進行具合も悪くない。

お給料日を経て新しくなった管理意識を持って、今月も上手にやり繰りをしていきたい♪

私の生活の中でなくてはならないパソコンのこと

毎日のようにパソコンを使ていますが、私にとってパパソコンは今の生活になくてはならない存在になりました。初めてパソコンを買った時は嬉しかった半面、不安もありました。この時はただ欲しいという欲求だけで買ってしまったので、この先どうなるのか自分でもわかりませんでした。

最初はメーカー製のパソコンを買って、初心者ですので一通りパソコンの基礎を参考書、雑誌などで勉強します。ある程度パソコンがわかり始めたら、この1年後に自作に踏み切ります。まだ1年しかパソコン経験がない私が、パーツも良く知らないのになぜ、自作を作成するのかというと、某PC雑誌に自作マニュアルみたいな特殊記事を見てしまい、勢いで自作を作る事にしました。

その事が裏目に出ていまい、パーツ選びで、よく失敗していました。素人初心者でしたので仕方ないと思いましたが、再度パーツ選定し直し、自作作成から半年後に初号機が出来上がりました。まずまずの出来で、ゲームも良く動く低スペックマシーンでした。

ここから自作は2年に1回のペースで作成していき、今まで合計6台の自作を作成してきました。自作の目的はゲームをする事と、趣味である3DCGをする事です。そのため数年前からパーツ選びを低スペックかミドルへと移行しています。当時はパーツ全部を交換していましたが、ここ最近は必要なパーツのみを買うようにしています。

予算的にもきつい時があるので、基本はグラフィックカードとメモリーとPC電源を買うようにしてます。今のゲームはグラフィックが向上しているので、どうしてもハイクラスのグラフィックカードが必要になってきます。

ビデオカードの値段が平均4~5万程度なので、少々お高いですが、ここは妥協してしまうと昔みたいになってしまうし、将来的に5~6年は使いたいので、ハイクラスのグラフィックカードを購入しました。まだCPUとマザーが古いので、このパーツも近い内に新しく買い直す必要性があります。

ポイントを利用してお得な生活!

お買い物したり、サービス利用で貯まるポイント。

どこでもなんでもポイントが付くようになっていて、貯めて使うのが楽しみになってます。

代表的なところでいうと、レンタル屋さんのTSUTAYAのTポイントです。

ファーストフードでも薬局でも通販でもデリバリーでも使えて、あっという間にポイントが貯まりますし、とっても便利で手放せません。

1ポイント1円になっていて、わかりやすいですし、貯まったらすぐ使えるところが嬉しいです。

何か難点をあげるとしたら、色んなお店のポイントカードを持っているので、お財布の中がかさばることぐらいです。

あとは、ポイントを貯めるのが当たり前になっていて、ポイントがないお店などに行くと損した気分になってしまうことです(笑)

しかし、電気製品や家具など大きな買い物をする時などは断然、ポイントが多く貯まるので、何が何でもポイントのつくお店でお買物します。

ポイントって、そのお店だけでしか利用できないところもあれば、色んなお店やサービスに利用できるところもあるので、用途に合わせて使い分けると、結構な節約にもなって生活をしていく上で欠かせないです。

コンビニ・スーパー・レンタルショップ・ネットショッピング・本屋さん・携帯料金・電気屋さん・居酒屋などの外食・薬局などなど、これだけの場所やサービスで使えるお得なポイント制度を使わない手はありません!

お得なだけじゃなくて、気持ちもウキウキしたり楽しくなってくるのでいいこと尽くしです♪

最近はデリバリーのピザを食べることが多くて、ピザって一枚だけも結構なお値段するので、こういうときにポイント利用が出来たりすると、とっても嬉しいです!

友人との飲み会などで居酒屋利用した時なんかでも、何人分かまとめて支払えば、一度にたくさん貯まってどんどん飲みたくなります(笑)

もう一つ、難点がありました。

それはポイントが貯まるからと買い物したりしてお金を使い過ぎたりすることです。

これでせっかくポイントが貯まっても得なのか損なのかわからなくなってしまうことがありまず。

なので、ポイントも計画的に貯めて利用していきたいと思います。