アルバムに込められた、たくさんの想い

最近私はアルバム作りにハマっています。その理由は妊娠中、実家に里帰りしていた私は自分が小さい頃のアルバムを見つけました。私が産まれた時から、高校入学までたくさんの写真と母の一言が添えられていました。私はスマートフォンなどで撮った写真はデータとしてしか保存しておらず、現像するのも面倒だと感じていました。しかし、アルバムにすることで母の想いやそのときの感情がひしひしと伝わってくるような気がしました。

私も写真を撮ったときに抱いた感情や、その瞬間の出来事を写真と共に書き残しておきたいなと思うようになりました。

アルバムを作ってみて思ったこと、それはデータにはない温かみのある想いがたくさん詰まっているということです。デジタルにはない素敵なものがアナログにはあると感じました。

夜のカフェがけっこう繁盛していてビックリ

夜、使っている湿布薬を切らしてしまったことに気づきました。

肩こり腰痛がひどかったので我慢できず、夜10時まで開いているドラッグストアに買いに行くことに。

その店が入っているショッピングセンターは、他にも書店やカフェ、スーパーが夜10時まで営業しています。

でもそんな時間にはあまりお客さんいないと思っていたんです。

ドラッグストアは案の定客は2~3人程度でした。

ついでに立ち寄ったスーパーも、めぼしい生鮮食品は売り切れていて閑古鳥。

で、入るつもりはなかったんですが、ふとカフェも覗いてみると・・・。

なんと満席、お客さんたちが楽しそうにワイワイお茶しているじゃないですか!

夜のカフェってこんなに繁盛しているもんなんですか、とビックリです。

レストランならちょい遅めの夕食時ということでわかりますけどね。

家族がいると、夜にカフェに行くなんて考えられないので驚きです。

さすがに子どもがいる家庭ではないんでしょうかね。

まあひょっとしたら、そのショッピングセンターで働いている人が仕事帰りにお茶しているのかもしれません。

滅多に夜買い物に出歩くことがない私にとってはちょっと驚きの光景でした。

まあだからといって、私は今後も夜カフェにお茶に来ることなんてないでしょうけどね。

「美味しそうなドーナツを食べたくて」

先日、あるドーナツ屋さんに行った時のことです。店内の壁に貼ってある広告や新商品の紹介があった中に、とても美味しそうなドーナツを見つけました。

チョコレート生地のドーナツを上下にして、真ん中にマシュマロが挟んであるものでした。

そのドーナツ屋さんはスーパーの店舗内に入っているお店だったので、お客さんが常に多いのです。

だから、そのドーナツを買いたくてもなかなか買うことができないのです。

こまめに足を運んでいるうちに、そのドーナツが店頭に並んでいるのを見かけて1つ買ってみました。

見た目はとても大きくて「残さないで食べられるかな?」と思いました。ドーナツは甘さが控えめで、マシュマロの部分もとても美味しくて完食してしまいました。

ちょうどいい季節になってきました

1年を通して趣味でパンを焼いていますが、季節に合うパンというものがあります。

夏は過発酵の状態になりやすいので、冬よりは発酵に時間がかかりません。

それでも様子を見ながら発酵の状態をチェックしていく必要はあります。

寒くなってこないと作るのが大変なパンがあります。

その代表的なものがクロワッサンです。

クロワッサンは大体気温が20度ぐらいになってくると、作るのにちょうどいい季節になってきたということができます。

気温が高いと折りこむバターが溶けてしまい、作業をする際にも中々上手くいかないということになってしまいます。

秋から冬にかけて、冬から春にかけての時期がクロワッサン作りには最適です。

クロワッサン生地を作ることができれば、デニッシュも簡単に作ることが出来ます。

実際、クロワッサン生地を作るのはちょっと面倒な部分もありますが、それでも上手くできた時には嬉しくなります。

最初は失敗をしてしまうこともあるかもしれません。

それでもめげずに繰り返し作ることによって、コツをつかむことが出来ると思います。

何でもやってみることが大事です。

やってみて次に作る際の注意点も分かってくるので、上達をすることも可能となります。

忙しい現代人に最適!~自己流カフェのすすめ~

私がいま興味のあることのひとつとして、カフェでおいしいものを飲んで文章を書いたり、読書をすることがあります。

文章というものは、主に自分自身の悩みを吐露する日記というものが多いのですが、これがまたストレス解消にちょうどいいのです。

人に話すとなると、まずその内容を相手に話すことで自分に不快感が残らないかどうか、自分が求めていない反応を相手からしてきたり、最悪自分の意見を否定されることにもつながり、あまり効果がないときがあるのです。

ですが、自分だけとなると、誰にも迷惑をかけないですし、自分も否定されることはありませんし、相手に悩みを聞いてもらう時間を割いてもらう面倒事もありません。

文章ですと、表現が自由ですから、どんな書き方でも「それが正しい」となるのです。

話し言葉でもいいですし、誰かの詩を写して自分の意見を述べてもいい。必ず書かないといけないという決まりもないですし、誰かに見せる事で相手との関係性が深まる事だってあります。

二つ目に、読書は時間とお金と気力を要しますが、何がメリットかといいますと、自分の世界を広げることができる。自分の知識欲を高める事ができるということです。

読書も内容によっては自分が否定されることやもがき苦しむこと、マイナスな印象が脳に残ることもありますが、別に自分の意見を否定しなくてもよいのであって、自分の知識欲が高まったと判断すればいいのです。

最後に、なぜカフェがいいのかと申しますと、最近、カフェや喫茶店が増えてきており、家でいても落ち着かないことが多いので、ほっと、おいしいドリンクを飲んで息抜きをしたいからです。静かな空間、音楽が私を癒してくれるのです。

福島から引っ越してきた子供のいじめについて

この間の福島の大地震の原子炉のために横浜に転居してこなければならかった家族。

その子供が小学校5年生時代にバイキン呼ばわれていじめにあっていたとか。

そのうえゲームセンターで遊ぶ悪童たちの遊戯代等を払わされていたとか。

それが150万円だったとか。

それで両親が学校に相談しても、学校はいじめとは認めなかった。

これはもう教育の放棄でしょう。

被爆の賠償金が入ってくるのだろうと、150万円もつぎ込まされた子供の気持ちはいかばかりだったのでしょう。

これはもう立派な恐喝でしょう。

警察問題にもなることでしょう。

横浜市長はようやく注意事項を指示したとか。

遅きにしすぎた事例でしょう。

どうしても学校は不祥事に目をつぶるのでしょうか。

これは世間の常識にはなりえません。

即刻応分の対応をお願いしたいと思います。

副作用に再挑戦(今の所大丈夫)

先日、とある病気の検査の為病気へ。

その病気に伴い貧血が酷いらしく(本人自覚無し)、増血剤を処方してもらいました。

副作用として吐き気や食欲不振などがあるらしく、夕食後の服用だと教えられました。

早速その日の夜、晩御飯後に服用。19時半。

21時ぐらいから徐々に気分が悪くなり、早く寝ようと横になってみたものの、結局真夜中の2時過ぎまで眠れず。

なんとなく症状が楽になってきてウトウトしてるうちに朝を迎え、次は食欲不振で朝御飯、昼御飯が食べられませんでした。

仕事中も気持ち悪かったので次の日は服用を控えました。処方してくれた先生に相談し、余りにも酷いなら、服用をやめて週に1、2回通院して注射…と言われ、いい大人ですが本当に注射が嫌いすぎる私は薬の服用を選びました。

そして今日、晩御飯後に服用。前回と同じぐらいの時間帯。今の所何の症状もなく機嫌よくベッドでゴロゴロしています。

今のうちに寝よう。

毎日寒い!0才の娘の鼻風邪で病院へ

どうも?

最近寒くなってきましたね?

布団に入るとひんやり…

みんなが寝た後に暖かい布団に入る毎日です。

我が家には0才4ヶ月の娘がいます。

最近寒くなってきたせいか咳をしていて

鼻水も出てきて鼻の周りはカピカピ…

病院で鼻風邪と診断されて

薬をもらい安静にしております。

子供の風邪って馬鹿にできないんです!

普通に大人にも移るので

母、寝込みます。笑

まだ予防接種も残っているけど

寒さには勝てませんね?

ましてや4ヶ月とゆう小さな体では

どうしようもないですね。

とにかく部屋を暖めて加湿器を

かけてあげることしかできません。

娘の体調が早く良くなることを

願うしかありませんね…

旦那さえも

布団の中で震えてました。笑

最近は冷え込んでるので

皆さんも風邪に気をつけてくださいね。