異星人をヨチヨチ歩きにまでしてくれた上司

社会人になって10年が経ちます。

いまの会社で3社目となりますが(2社目は結婚と転居でパート勤務)、やっと慣れてきたところで1社目の新人だった頃を思い出すようになりました。

大学院を出たばかりの私は、バイト経験こそあるものの飲食店の厨房や通信教育の採点といった地味なものばかりで、電話の取り方ひとつ知らない非常識人間でした。

それでも院を出たというプライドだけは人一倍強く、会社側は厄介な新人だと思っていたに違いありません。

デスクワークという仕事は、それ以外のコミュニケーション能力が意外と重要となります。

電話とメールのバランスや、決定事項の実施のタイミングなど、言葉では言い表せないような直感に頼るような業務が結構あるのです。

当時の上司は高卒で、会社一本で頑張っている2児のお父さんでした。

私が突然変な質問を投げかけても丁寧にわかりやすく答えてくれて、彼のお陰で異星人のような存在だった私が、ヨチヨチ歩きの社会人くらいにまで上がれた気がします。

ところが、同部署の中で不倫が発生し、同時期にその上司は他支部へと異動になってしまいました。

邪魔者がいなくなった部署内では、不倫中の二人が勢力を持ち、私の負担は増すばかりでした。

1社目はその後すぐに退社してしまいましたが、あの時の上司の指導があってこそ、今の自分がいるのだと思うと感謝しかありません。

異星人の新人が入ってきても、いまなら対応できる自信があります。

大量にいただいたトマトを保存する方法

暑くなってくると夏野菜を家庭菜園で育てている方からトマトやナス、きゅうりをいただくことが増えます。

特にトマトは傷みが早いので、早く何とかしなければ、という気持ちになります。

色々考えて、トマトを大量にいただくとトマトソースを作るようにしています。

トマトソースにしてしまえば、冷凍保存をすることが可能になります。

これで解凍をすればいつでも使うことができるので、腐らせて廃棄をしてしまわなければいけなくなった、ということもありません。

最近ではバジルも育てているので、生のバジルをみじん切りにして一緒に煮込んでしまいます。

そうするとさわやかさがプラスされます。

トマトソースは意外と簡単に作ることができますし、ベースとなるものを作っておくことによって、アレンジも可能になります。

ここにひき肉を入れたり、揚げナスを入れたり、チーズを入れたり。

色々なパスタソースを作ることができるので、保存をすることができるというのはとても便利だと思います。

せっかくいただいたものだから無駄にはしたくはありません。

そのまま冷凍をするということが難しいので、加工をした状態にしておけばいいんじゃないかなと思います。

トマトソース作り、やってみるととても楽しいです。

旅行

今日から山梨を旅行中です。

朝飛行機を羽田でおりて、

電車でおよそ2時間がたんごとん~

大月駅からは富士急行線という、

富士山のイラストも書いてあるような

かわいい電車に乗って^^

河口湖駅、おりてみたら、寒いっ!

東京よりだいぶ気温が低いみたいです。

そのまま河口湖周辺を散策して、ほうとうを食べました。

外が寒かったので、温かくてとっても美味しい~~

かぼちゃ、大根、ジャガイモ、ニンジン、シイタケ、豚肉…

具がなんせうどんと違って多いから、

味噌のコクと相まって深みのある味でした!

麺もしっかりしてて簡単には伸びなさそう。

あーお腹いっぱい!

そんなこんなでもう14時なので、

オルゴールの森美術館へ行くことに。

広くはないけど、建物や庭園がヨーロッパ風で、

なんかテンションあがって、そのへんに咲いてるバラとかとも

写真撮ってました(笑)

願いの泉というのが庭園にあって、これは、コインをなげて

天使が持っているお皿に入ると願いが叶うらしい…。

さーて、私たちもチャレンジ!!

ぽーーーん…。

ポチャっ!

天使にすらかする事もなく、

コインは泉に吸い込まれていきました(笑)

それよりも、オルガンホールがすごかったです。

ここは自動オルガンがいくつもあって、それで演奏してくれるのです。

なんか迫力あったよ~

見た目も大きくて、でも可愛らしいメルヘン風な。

ちょっとだけ海外に来た気分味わえた感じです。

さ、温泉でもはいってゆっくりしよ。

おやすみでーーす。

心が痛くなった悲しい事件

5歳女の子の虐待死という記事を読みました。

その女の子がノートに書いた文章が悲しくて悲しくて。

「おねがいゆるして」と書かれていたそうなんです。

涙が出ました。

たった5歳の子供がそんなことを書くまで追い詰められていたなんて。

私にも子供がいます。

自分に子供ができるまで

虐待する日知の気持ちなんてさっぱりわからなかった。

小さい子供を痛めつけるなんて・・と。

でも実際子育てしていくと全くわからないわけではないなと思います。

でも自分のイライラを子供にぶつけた時の子供の顔が忘れられません。

私の怒りをぶつけられて本当に怖かったんだろうな。

こんな顔をさせてしまってと後悔しました。

私も人間だからそれでもイライラして子供に当たることはあるけど

やっぱりあの時の恐怖の顔は心に今でも残っています。

親ならばそんな怖い思いさせたくないと葛藤があるはず。

でも女の子の両親はその葛藤はなかったのでしょうか。

子供を虐待することは自分たちの正義感だったとでもいうのでしょうか。

女の子は食事も十分に与えてもらえず

なぜか毎日未明に起こされひらがなを書くように強要されていたそうです。

結果肺炎から敗血症で亡くなってしまい

それでも病院には行かず自宅で亡くなったのでしょう。

どれだけ怖くて絶望のうちでなくなっていったかと思うと

心が痛くてたまりません。

どうかどうか今度生まれ変わったら愛のあふれる人生を送れますように。

そして加害者である両親には極刑が下りますように。

フリマ通販アプリのメルカリが便利で楽しい

この間、初めてフリマ通販アプリのメルカリを利用してみました。今までヤフーオークションなどに興味があったのですが、色々な不安があったりして利用したことがありませんでした。そんな中、匿名でも商品の売買が出来るシステムのメルカリを知りました。

らくらくメルカリ便というシステムを利用すれば、お互いに名前を知ることなく安全に取引が出来るのがいいですね。もちろん買うだけではなく、自分も出品できるので、今度不要なものに値段を付けて売ってみたいなと思っています。手持ちのスマホのカメラで写真を撮って出品するという手軽なシステムが魅力的です。

今回は、初めてということもあり、1000円程度の小型ワイヤレスキーボードを購入してみました。画面から購入ボタンを押して、支払い方法を選択して次の日にコンビニで支払いを済ませました。初心者でも躊躇することなく簡単に取引きが出来て驚きました。

さらに驚いたことがあります。品物にもよるのだと思いますが、次の日にはもう商品が届いたので早くて助かりました。今回はお試し感覚で、安めの商品を選んで購入しましたが、今度はもっと良いものか、高価で珍しいものを購入できたらいいなと思っています。

さまざまなスポーツ団体の不祥事

今年に入って相撲界の横綱廃業に至る暴行事件、レスリング協会のパワハラ問題、そして、数日前に起きた大学アメフト部のタックル問題と、ここ数ヶ月だけでもスポーツ界の不祥事が連発しています。しかも、すべての問題に理不尽な暴力と、指導者の社会通念上の認識に大きな開きがあり、釈明会見がされたものでさえ、納得のいく説明がされるものがなかったような印象を受けました。。

先日の日大アメフト部の選手が、関大のボールを離したスクラムハーフの選手に理不尽なタックルをした事件に関した監督やコーチ、大学の対応には、全く納得できる内容のものはありません。

しかも、大学のアメフト部の存在は、大学教育の一環で存在しているのですから、問題が起きた場合には指導監督者に全責任があるにも関わらず、学生を切り捨てようとする大学の対応にも、理不尽さしか感じず、古き日本の悪習としか思いえません。

教育の場であるはずの大学が、今回のような日大アメフト部のような対応で、監督コメントの撤回を大学広報が行うことがまかり通るようであれば、ことばの信用性をなくした教育現場で指導を受ける学生は、何を信じるべきなのでしょうか。この問題の対応は、東京オリンピックを控えた日本の中で、真摯なプロセスが踏まれることを期待したいものです。

歩けば薬の量が減らせるかも

うつで闘病中のものです。医師からいつも言われていることは、「疲れてぐっすり眠る事」です。

その為、一日二万歩を目標に毎日ひたすら歩いています。疲れ方が足りなければ夜でも歩きに出ます。雨が降っても雨合羽にゴム長で歩きます。

二万歩を超えるとなると時間的がかかります。昼食を食べられなくなることが頻繁に起こります。ピクニック気分になりたくないんで途中コンビニによっても飲物にしています。

午後一に出られれば問題はないんですけど、天候の関係で午前中が多くなってしまうんです。

ある日気が付きました。昼食を抜くと昼食後の薬も自動的に抜いてたんです。薬の余り方で気が付きそうなもんですが、突然気が付いたんです。

まぁ、毎食後っていう薬の飲み方も飲み忘れをしないためだと言う話もありますので後で飲めばいいのにって思いますけど。歩いてるとそこまで頭が回らなくなるんでしょうね。

で、薬が余るので病院でもらう量も減ってきました。日常化しちゃったんですね。医者にその事を告げると「飲まないで歩けてるなら上等。」的な事を言われて何故か嬉しくなっちゃいました。自然に「クスリ飲まなければ治らない」っていう気持ちが薄らいできてるんです。

正直歩き始めたころはかなり苦労しました。体が思うように動かないし、人目が気になるから毎日イライラしてました。

でも不思議なもので一度歩ければ楽になるんですね。目標の歩数は当初千歩だったんです。

健康的な事って心の健康にもいいのかなって思ってます。

明日は久々に三万歩に挑戦してみようかな。

花粉症って毎年来るものじゃないんですか?

去年から花粉症になったんですが、今年はほとんどその症状が出ていない気がします。

若干のくしゃみや鼻水は出るものの、寒かったからかな?と思える程度で終わるので、いわゆる、出始めたら止まらないとか、滝のような鼻水というのは全然無いです。

花粉症が長い人には、

「一度なったら毎年だよ」

とか、

「来年も頑張って」

なんて言われたので、今年も覚悟していたのに、肩透かしを食らった感じです。

もちろん、あんな辛い目には2度と遭いたくないので、嬉しいといえば嬉しいんですが…。

これから…夏から始まる、なんてこと、あるんですかね?

それとも去年のが実は花粉症じゃなかったとか?

でも去年のは、花粉カレンダー(飛散量の多い・少ないがわかるやつ)とピッタリ一致して症状が出ていたので、まず間違いないと思ったんですけどね…。

病院にも行って、精密検査こそしなかったものの、先生も、

「十中八九間違いないですね」

と言って、薬も出してもらって、それで良くなったので。

だったら今年の方に、花粉症をはねのけた何かがあるって事ですよね?

でもそれだって、特に何もしていないんですけどね…。

アトピーの方で、アレルギーに効く飲み物を飲んでいた、というのはありますが。